コンテンツにスキップ
2000円以上で送料無料!(初回限定 送料無料クーポンをコチラで配布中)
2000円以上で送料無料!
(初回限定 送料無料クーポンをコチラで配布中)

「 ブレッドボード」ってどう使うの?

「ブレッドボードってなに?」
「ブレッドボードってよくわからない」

よくこんなお声をいただきます。

課題解決

「ブレッドボード」とは、簡単に組み立てられる回路基板

はんだ付け不要、部品やリード線を差すだけで回路が組み立てられます。

ブレッドボードの構造

  • 本例はSAD-101(小型ブレッドボード)です
ブレッドボードSAD-101の構造
連結用ブロック
左と下に凹部分があり、凹凸を合わせてワンタッチで接続できます。接続することによりブレッドボードのサイズを大きくできます。
部品取り付け用の穴
ブレッドボードの樹脂の表面には2.54mmピッチで穴が並んでいます。
金属板
部品エリアは縦に6ピンずつ連結。電源ラインは横方向に連結されています。

金属板の構造

金属版の構造

部品を差し込むと、板バネで部品の足がはさまれ、電気的に接続されます。

部品や導線の差し込み方

差し込む部品やジャンパ線の太さはΦ0.3~0.8mm程度が適切です。

LED、抵抗、コンデンサなど足が長い部品はニッパーなどで7~10mm程度に切りそろえて差し込みます。

LED、抵抗、コンデンサなど足が長い部品は7~10mm程度にニッパーで切りそろえる

トランジスタやICはそのまま差し込めます。

トランジスタやIC

部品を差し込む時は、ピンセットやラジオペンチで部品の足を支えつつブレッドボードに差し込むと、安全確実に組付けられます。

部品を差し込む時は、ピンセットやラジオペンチで部品の足を支えつつブレッドボードに差し込む

ブレッドボード内部の接続済のパターンを利用して各部品を配置し、回路を形成しましょう。
電源ラインには電池ボックスなどを接続します。

  • 部品の差し替え中は電源をOFFにしましょう。
各部品の配置方法

ジャンプワイヤの長さと色

ジャンプワイヤキット(SKS-350、SKS-140)のカラーリングです。太さはΦ0.64mm、差し込む長さは6~8mmです。

ジャンプワイヤの長さと色

その他のブレッドボードの構造

SAD-01型

ブレッドボードSAD-01型

SRH-21型

ブレッドボードSRH-21型
前の記事 抵抗やコンデンサの足をきれいに曲げたい
次の記事 スマートフォンの充電コネクタ部分の接触不良を解消したい